2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 自転車教室に来る理由、その1 | トップページ | 自転車教室に来る理由、その3 »

2014年1月18日 (土)

自転車教室に来る理由、その2

  自転車教室に来る理由のひとつに、レンタサイクルに乗りたい!も案外上位にあります。
レンタサイクル理由もいくつかあります。

a) 友達と旅行に行って、自分だけ自転車に乗れなかった。
 予定変更になったり、肩身の狭い思いをしたという人は多いです。

b) クルマや電車だけでなく、もっと細かいトコまで見たい。
 そうです。自転車の旅は、かなり細かいとこまで見られますよ。自分の自由度が高まりますよ。

c) 修学旅行の自由行動で自分たちの班がレンタサイクル班になってしまった!
  そういう理由で教室を受けに来る中学生、高校生は少なくないですねー。
  中には、次の週にもう修学旅行だって中学生もいました(><)
もっと時間に余裕をもって来てくださいな。スクール当日が雨でつぶれたらどうするの?
数ヶ月前に受講して、より慣れてから運用する方がモアベターです。
  違う理由で来た大人の受講生に修学旅行理由の話しをすると、私もそれで悩んだ!と共感する方が少なくないです。その時の解決の道が二種類。
  ・誰にも言えなくて、泣く泣く自分だけ自転車を押して行った。
  ・乗れないことを打ち明けて、レンタサイクル無しに変更してもらった。
  うーん、打ち明けるのがいいような気がしますが、思春期だからなかなか自転車に乗れないことを言うのは勇気がいりますねー。同級生のレベルによってはイジメやカラカイのターゲットにされてしまう恐れもありますね。
 やっぱり自転車教室に来て、ちゃんと乗れるようになるのが王道です!
逃げていても、いつか必要になる時がきます。

d) ハネムーンでハワイに行くのだけれど、ダーリンが自転車好きで、それまでに乗れるようにしろと言われた。
  はいはい、いいですね~(^^)
いっそのことタンデム(二人乗り)を借りたらいいじゃあないですかっ!
って、タンデムでも後に乗れない人を乗せると、自転車を振るので前の人はすごく乗りにくくなってしまいます。なので乗れるようにしてからタンデムに乗ったほうがいいです。

e) 娘さんと沖縄の離島にしばらく旅に出る。離島は交通機関がレンタサイクルしか無い!
出発が一ヵ月後に迫ってるので、小田原から月に3回通って来たお母様。
  初回半日でかなりなレベルまで乗れるようになり、二回目でステージ2で街中へ。
娘さんに内緒で来ているそうですが、娘さんは何か感づいているのじゃないかな?
「お母さんアヤシイ! 一人でヒミツでイソイソ出かけてる~」ふふ(^^;)
  いっしょに行く人が、自分が乗れないことを知らないとまずいです。調子良く飛ばされたら、それを追いかけるのは危険です。
  それよりも、ちゃんと言って、リードしてくれるように走ってもらえれば、かなり狭いとこでもスイスイ行けます。
 でもその場合はリードする走り方があって、急カーブ、急ブレーキはダメ、手信号で曲がる方向や減速の合図を出すなどルールがあるので、最終日は娘さんもいっしょに来てリードの練習もしました。
 その翌日から沖縄に出発して、ちゃんと楽しんでるとメールも入りました。
  修学旅行の人も、親友に打ち明けて、リードしてもらうと楽ですよ。


ZEN自転車教習
http://zenjp.com/zbike/school/bigin.htm

Top06京都のレンタサイクルはここがおすすめ http://www.kyoto-option.com/



 
  

« 自転車教室に来る理由、その1 | トップページ | 自転車教室に来る理由、その3 »

自転車教習」カテゴリの記事

コメント

修学旅行レンタルで困った時、解決の道が二種類と書きましたが、もう一つ方法があったそうです。
 ・仮病を使う!
って!ダメじゃん!!
解決ではなく、回避だな~。
ちゃんと乗れるようになりましょうね~。
大丈夫、乗れるようになりますよ。

自転車教室参加の大人の方の経験談で、修学旅行レンタサイクル回避方法の新しいネタを教わりました。
なんと生徒会幹部だったので、権力を使い、レンタサイクルでの自由行動は危険だから、いっさい禁止させた!とのことです。
権力の乱用ですねー。おそろしいですねー(><)

うーん、サイクリストの敵ですね。
もし、そう言う生徒会幹部がいたら、おまえ自転車に乗れないな!?と問い詰めてみてくださいー。
そしてZENに習いに行けと言ってくださいー!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自転車教室に来る理由、その1 | トップページ | 自転車教室に来る理由、その3 »