2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« Di2 システムインフォメーション・ディスプレイ | トップページ | トライク・ヴァイパーDi2計画、FD取付 »

2016年12月24日 (土)

トライク・ヴァイパーDi2計画、スイッチや配線

Trkdd


 H氏のトライクのDi2化計画がもちあがりました。
 3輪リカンベントのトライクのシフトはグリップシフト。
しかもハンドルに逆さまに付いているので、小指・薬指&親指で操作しなくてはならない。とてもやりにくい。
奥のオレンジのトライクは後日バーコンに改造しています。
 トライクほどDi2電動変速システムの恩恵を受ける車種はないのでは?

 部品のレイアウトも普通と違うし、部品も普通と違うので工夫がいります。
1)変速レバー(スイッチ)に何を使うか?
2)ジャンクションAとB、バッテリーの位置をどうするか?
3)エレクトリックワイヤー(コード)の取り回しをどうするか?

 さてどうしよう?
1)変速レバー(スイッチ)
 Di2の場合、メインのシフトレバー(スイッチ)に加えて、サブスイッチを使い勝手のいい所に増設できるのが魅力です。

 トライクのハンドルはほぼ垂直に立っていて、ブレーキレバーは逆さまに付いています。通常のシフトレバーは使えません。なのでDi2の増設スイッチをメインとする使い方になります。

 当初のご希望はスプリンタースイッチSW-R610、¥12031。小型で目立たなく、アチコチに使えます。ドロップハンドルの場合、下握りや上握りなどに対応できます。
Swr610
トライクではハンドルのグリップ上部につけて親指操作か、もしくはグリップ下部に付けて小指操作か?
 ところがこのスプリンタースイッチSW-R610、単独使用は不可です。STIレバーと併用の子機としてのみだったのです。ICも入っていませんから価格が低いのですね。

 サテライトシフトユニットSW-R600、¥9660。
通常ドロップハンドル中央で上握りで使ったり、トライアスロンバーの先端に使われたりします。どこにでも付けられるので、昔のWレバーへのオマージュでダウンチューブにだって付けられます。
 こちらは子機としてではなく、単独使用OKです。
600
トライクの操縦桿ハンドルにはどうでしょう? ところでトライク、直線ではけっこう手放し運転ができます。それで、両手を頭の後ろで組んでヘッドレスト代わりに支えて走ることがあるじゃあないですか。その時に襟元の背もたれのとこにコレがあったら変速できますよ。

 DHバー用リモートシフターSW-R671とSW-R9071。
Swr671
Sw9071
どちらもDHバー先端にバーコンのようにつけます。トライクの操縦桿ハンドルにも良さそうです。こちらも子機としてではなく、単独使用OKです。
その違いは

SW-R671は2ボタン左右ペア、¥21708

SW-R9071は1ボタン左右ペア、¥28823

 なぜに1ボタン? リア用のみにシフトアップとダウンです。TTバーを使う時は登りはまずありえないという設定でしょう。
 でもシンクロシフトを使えば、右でロー側へ、左でトップ側へと単純化できて、リヤもフロントも動かせてしまう仕様にできます。
 それが一番使いやすいのではないでしょうか?

実際のトライク
 ワンボタン、左右ペアのSW-R9071です。そもそもリヤ用のアップ&ダウンスイッチなので、シンクロ用にするにはPCで設定するかと思ってましたが、
シマノのディスプレイユニットにつないで、シンクロ2モードを選ぶだけで、設定は他にしないでも、きちんと前後シンクロしてます。
マニュアルモードにすると、リヤディレイラーのみしか動きませんでした。PC不要なので手間がはぶけてよかったです。
 コードはバーの中を通すのではなく、外なのでグリップではなくバーテープです。
チネリのバブルリボンの二重巻き。一本のテープで左右二重巻きOKです。
一本余るので、消耗したらまた使えます。

P1100628

2)ジャンクションAとB、バッテリーの位置
 通常のロードのDi2システムフォーメーションは以下です。それをトライク向けに
Di2haisen
 今回ジャンクションAはディスプレイがその役をします。
というか、MTBコンポでシンクロシフトにするにはディスプレイ使用は必須です。
純粋にジャンクションAとしては十字フレームの中心がいいのですが、
ディスプレイとしては見やすい位置で取り付けやすい場所として、右ハンドルに設置します。

 バッテリーの位置、フレーム内に内装も検討しました。フレーム前部のブーム(BBのある)は抜けるので、バッテリーは何本でも入りそうです。
でもシートの裏側にいくらでもデッドスペースがあるので、そこに内装用バッテリーを外付けホルダーで止めます。そしてこれがジャンクションB機能を兼ねるのでありがたいです。

3)エレクトリックワイヤー(コード)の取り回し
 ジャンクションAとB、バッテリーなどシステムの位置が決まってからでないと、コードの長さを決められません。色々なパターンを考えましたが、最終的に下の写真のようにします。
 コードは長さが決まったものが数種類用意されています。コードを切って長さを調整するコトは通常はしません。

 システムの位置を結んで測定して余裕をもって長めに設定します。
Trkdd2

入力の左右のSW(スイッチ)からJA(ジャンクションA:今回はディスプレイが兼ねます)へ、
JAからJB(ジャンクションB:今回はバッテリーホルダが兼ねます)へ、
JBからRD(リヤディレイラー)とFD(フロントディレイラー)へ
以下の5本が必要です。

SW(スイッチ)からJA(ジャンクションA)が40cmと110cm
JAからJB(ジャンクションB)が100cm
JBからRD(リヤディレイラー)100cm
JBからFD(フロントディレイラー)140mm

シマノで用意しているコードの最長は140cmです。

それぞれのパーツを独立したコードで繋ぐのですが、今回使用のスイッチSW-R9071は製品からコードが延びているスタイルです。SWから伸びているコードは62cm限定です(><) 右はいいとして、左SWからは110cm必要です。
切断して間に市販コードを延長させてギボシ接続加工をして対応させようとも思いました。
でも端子変換用のパーツが手に入りましたので、ジョイント金具にしてシマノのコードを繋げて延長できます。高周波ケーブルアンテナ端子の端子変換用のパーツです。

Pc220203

------------------------------------------
<追加>
 コードが長くなってしまうと、電気信号がうまく伝わらないことがあるとシマノに脅かされました。
トライクなんか想定してないと言われてしまいました。タンデムくらいは想定して欲しいものですよね。

上の方にあるシステムフォーメーション図には各コードの長さ制限まで明記されてます。
シマノ規定の長さ/実際使ったサイズ
・シフトスイッチ~ジャンクションA:50cm以下/62cmと117cm
・ジャンクションA~B:140cm以下/120cm
・バッテリー~FD:90cm以下/140cm
・バッテリー~RD:110cm以下/120cm

ほとんどオーバーしていますが、問題無く使っています。 フォームアップ規制とかしないでくださいよ!

 

« Di2 システムインフォメーション・ディスプレイ | トップページ | トライク・ヴァイパーDi2計画、FD取付 »

自転車Di2:電動変速」カテゴリの記事

自転車:トライク」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
突然の質問失礼します。
Di2のE-tubeを延長しているコネクタの型番などもし分かれば教えていただけませんでしょうか?

遅くなりました。
シマノの2ポートジャンクションBのEW-JC200をお使いください。
それの発売前のカスタムでした。
シマノの方がロックが強いですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Di2 システムインフォメーション・ディスプレイ | トップページ | トライク・ヴァイパーDi2計画、FD取付 »