2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« トライクのデュアルブレーキ | トップページ | ディレイラーのプーリー »

2017年3月28日 (火)

トライク・コブラ内装変速Di2化、モーターユニット

 青いトライク・ヴァイパーの外装11速Di2化に続き、今度は
オレンジのトライク・コブラ、内装変速Di2へのカスタムです!
サイクリストは外装変速機の方を好まれますが、それは段数の少ない時代からの引きずりで、現在、段数では満足のいけるレベルにあります。
 内装のメリットはチェーントラブルが少ない。
止まっていても変速できる。
 ヨーロッパでは内装変速は人気があります。

 カスタム依頼のS氏はすでにMTBを内装11速に、ロードを内装に改造してあり、内装の良さを知り尽くしています。さらにDi2もロードのフィブラとアンカーをカスタムしてるので、こちらの良さもわかっています。
 3輪リカンベントのトライクではチェーンが長く、重くなるので内装は威力を発揮します。
また、変速レバーをDi2にするとかなり使い勝手がよくなりますねー。

 

P4032422

 今回内装変速にするので、ホイールから新しくします。

 内装Di2では、ディレイラーに相当するモーターユニットMU-S705で変速しています。
後輪ハブの外側にセットします。
Mus705

 発注したブツが来てアレレ?!
11速用が着ました! 8速が欲しいのでしたが(><)
上の画象の本体裏にも11Sのシールがあります(><)
専用なの? 兼用じゃあないの?ディーラーカタログでは「11S/8S」となっています。
ハブのように違う品番ではないの?
P3272377
これは実は兼用で、本体は11速にも8速にもなります。
E-tubeでPCと繋いで、内部をエレクトリカル・カスタムで変更するのです。
本体に切り替えスイッチがあるわけではないです。

 まだパーツを集めている段階なので、モーターユニットとモニターだけE-tubeでPCと繋いでいじることはできるのだろうか?
モーターユニット~ジャンクションA(今回はディスプレイSC-MT800)~内装バッテリーチャージャー(SM-BCR2)~PCと繋げます。

P3272374
 E-tubeソフトを立ち上げると、まずバッテリーチャージャー(SM-BCR2)のファームアップが始まります。
 その後、システムが完全ではないとか、新しい内装バッテリーもしくは新しい外装用バッテリーホルダーを繋げろとか、文句を言われますが、大丈夫、無視して先に進みます。

 今度は繋がっているシステム、モーターユニットとディスプレイSC-MT800のファームアップをするか聞いてきますので、それぞれバージョンアップしました。
モーターユニットは2.2.1から2.4.4
ディスプレイは4.0.9から4.2.3へ
Etube_sty_fup
 今度はメインメニュー画面から「カスタマイズ」をクリックして、「モーターユニット段数設定」をクリックして
Etube_sty_p4
11速か8速を選びます。
無事に8速化されました。
Etube_sty_dansu

 なお内装Di2では変速調整は無用とのことです。

変速レバーはスイッチなので、8速用も11速用もないです。
今回もロードTTバー先端スイッチを使います。
モーターユニット(変速機)で段数を決めれば良いのです。
 そう考えていくと、ロードやMTBのDi2もデジタルカスタマイズで5速でも6速でも7速でも可能になるのではないでしょうか?そんなことができたら面白いですね。

P4022421

ホイールを手組みして、ハブにスプロケット18T、モーターユニット、ディスクブレーキ用ローターを組込みます。

 

Di2int8hisen

 内装変速の場合、チェーンで駆動してる必要はないので、自転車にセットする前に試験運転ができます。
スイッチからジャンクションA(スイッチ付属コード)、
ジャンクションAからジャンクションB(1m),
ジャンクションBからモーターユニット(1m)とバッテリー(20cm)に繋げます。
カッコ内はコードの長さです。

 

 

P4062465

 バッテリー表示、段数表示のモニターディスプレイSC-S705.はジャンクションAの役目も!

 

P4062464

 右のジャンクションAはモニターディスプレイSC-S705.これは2ポートのアルフィーネ用。
左のジャンクションBはSM-JC41コードフレーム内装用ジャンクションです。4ポート

 

P4062482

 ストレートエンドではチェーンテンショナーが必要です。今回はフロント3速があるのでなおさらテンショナーは必要です。 RDをそのまま流用することも可能。 ワイヤーで引いて位置を固定しないとなりません。

 

P4062486

 トライクのハンドルは左右にある立ってるバー。デフォではグリップシフターでした。バーコンにカスタムしてあるけれど、やりにくいです。やはりDi2スイッチが理想的です。
前回の青いトライクではFDとRDともDi2でフルシンクロシフトだったので、1ボタンスイッチ左右ペアでしたが、今回は2ボタン(TTハンドル用)スイッチが右だけです。
(フロントはワイヤー式でグリップシフターのままです)

 

P4062481

モニターはこの位置。右ハンドル下部です。

 

P4062480

 ジャンクションBはフレーム側面シート下位置に。両面テープとタイラップ止め。

 

P4062479

 バッテリーは外装用をシートフレーム裏に。
前回の青いトライクでは同じ位置に内装バッテリー外付けケースで付けましたが、今回はオーナー様が使ってるロードDi2のバッテリーを流用してるので外装バッテリーです。
バッテリーホルダーはロングタイプが付けやすいです。アタッチメントバンドはキャットアイの取付バンドSP-5

 

P4062485

 内装8Di2x外装3速FDトライクの完成ですー!!

« トライクのデュアルブレーキ | トップページ | ディレイラーのプーリー »

自転車Di2:電動変速」カテゴリの記事

自転車:トライク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トライクのデュアルブレーキ | トップページ | ディレイラーのプーリー »