2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« トライク・コブラ内装変速Di2化、モーターユニット | トップページ | Di2デジタルカスタマイズ・シフトモード設定 »

2017年5月23日 (火)

ディレイラーのプーリー

 ディレイラーのプーリーを社外品にするのはあまり勧められたことではないです。
(夢屋はシマノなのでいいですが)
それで性能が良くなるのなら、シマノはとっくにしてます。
むしろ変速性能が悪くなることの方が多いです。

P4202813
 特にガイドプーリー(上のプーリー。ジョッキープーリーとも言われます。)は大事な役目があります。
 シマノはセンタロンガイドプーリーという特許を持っています。
ガイドプーリーが左右に動いて適正位置に落ち着きます。変速は目的にスプロケットよりもオーバーストロークする方が変速はいいです。が、そのままではガラガラ異音が出てしまいます。そこでセンタロンプーリーは勝手に戻って、適正位置にきます。

 下のテンションプーリーはチェーンのタルミをとるだけで、変速には関係ないから、社外品にしてもいいかな、と思っていました。
ところが! チェーンステイの短い650Cロードで、ロングケージだと影響がでてきましたよ(><)
 チェーンステイが短いとチェーンの角度変化が大きく影響してきます。

下の写真はインナーxロー状態
チェーンの角度が影響してチェーンの内側プレートにプーリーが載ってしまっています。
プーリーの刃先が鋭すぎなのか?
P5193551

こちらではプーリー歯先から落ちて、プーリーケージに接触してしまってます。
P5193552

ローxアウターではずっとチェーンの内プレート上にプーリー(><)

これはトリプル用アルテグラ。プーリーケージが長いので、より前にプーリーが位置するので影響は大きいです。
これではチェーン切れの原因を作っているようなものですね。
テンションプーリーもシマノ製に戻しました。
P5193553


« トライク・コブラ内装変速Di2化、モーターユニット | トップページ | Di2デジタルカスタマイズ・シフトモード設定 »

自転車注意報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トライク・コブラ内装変速Di2化、モーターユニット | トップページ | Di2デジタルカスタマイズ・シフトモード設定 »