2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« Di2デジタルカスタマイズ・シフトモード設定 | トップページ | SRAM Rival-1 リヤディレイラーの調整 »

2017年6月20日 (火)

シマノDi2、外付け内装バッテリーの外し方

 近年、航空機利用の手荷物持込の制限はかなり厳しくなっています。
刃物類の持込はもちろんですが、カウンターで預ける荷物の方の問題です。可燃物類!

 100円ライターも預けるのはNGで、持込ならOK。
リチウムバッテリーにも矛先が向けられています。事故で発火してしまうプアーな製品もありますからね。
で、トバッチリがシマノDi2バッテリーにも向けられています。
担当官の裁量や空港によってファジーな時期もありましたが、締め付けの方向に動いているようです。
 自転車はカウンターで預けますが、バッテリーは機内持ち込みに!
 さらには、航空会社によってはバッテリーの安全性証明が必要な場合もあります。
出力、容量、絶縁性能に関する国連検査証明書UN38.3の提示がいる場合があるということです。
シマノに問い合わせると証明書をFaxで送ってくれるそうです。そのうちダウンロードできるようになるのじゃないかな。
没収されそうになったら、水戸の印籠のように提示してくださいー^^;
ってことで、持ってると安心ですね。

 で自転車は預けて、バッテリーを外すのですが、シートチューブに内装した物はちょっと手間ですね。
内装バッテリーを外付けするメリットは他の項目で書いたのでそちらを読んでください。
外付け内装バッテリーは簡単に外すことができます。

必要な工具
・2mmヘックス(アーレンキー:六角レンチ)
・シマノDi2配線工具 TL-EW02

1)キャップを外す。
P6204128
P6204129
2)ケーブルを専用工具で外す。
P6204133
工具には裏表があります。凹んでいる方を使います。
抜こうとするとバッテリーも上がってきますので指で押さえて。

3)バッテリーを外します。
2で抜けてくるので、そのまま引っ張り上げます。
掴みにくかったら、底のコードが出入りしてるホールから細い棒のような物で押し出します。
P6204135
収納にはジップロックなどでネジなどが無くならない様にしましょう。
P6204136
4)バッテリー取付の前に、コードの位置をこちらに押し付けた方が入れやすいです。
接続端子の開口部は上向きにします。
P6204139
5)端子にコードを接続。
工具のスリーブに入れて、パチンと音がするまで押込みます。
P6204141
6)キャップを取付終了。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Di2内装バッテリー外付けケースのキャップが全部閉まりきらない場合は、接続端子の開口部が上向きになっているか確認してください。
 開口部の末端はケースのフチとほぼ同じ高さです。それよりも出っ張っていたら、
バッテリー下部のOリングが脱落して中に落ちていて、それが邪魔してバッテリーが底まで達していないで、キャップが完全に閉まらないというトラブルがありました。
Oリングをビニールテープでカバーしておくと脱落を防げます。ダイソーのビニールテープは薄っぺらくてちょうどいいです。厚いテープだと出し入れしにくくなるかもしれません。
テープにはシリコングリスを塗って滑りをよくしました。
P6234193

« Di2デジタルカスタマイズ・シフトモード設定 | トップページ | SRAM Rival-1 リヤディレイラーの調整 »

自転車Di2:電動変速」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Di2デジタルカスタマイズ・シフトモード設定 | トップページ | SRAM Rival-1 リヤディレイラーの調整 »