2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ホイールバランス | トップページ | GSR ホイールバッグ(レーシング ミク Ver.) »

2017年10月14日 (土)

ホイールバランスの効果、シミー現象対策

●ホイールバランスの効果
ホイールバランスが取れると、
「加速しやすい。
回転が落ちにくい。
スムースな乗り心地。
路面に吸い付くような走りが体感でき、
平均スピードが大幅にアップし、
コーナリングで安定感が増し、ハンドリングなどの操作性が向上する」そうです。

●実際に目視でわかるホイールバランスの効果
 自転車を調整台にセットして、ペダルを回して、時速60キロ超までもっていったら、手を離してホイールの惰力だけで回るようにします。
通常そのような状況では自転車は小刻みに震えます。
それが押さえられるようになります。
チェーンの動きが止まってからが惰力回転です。

未設定のホイールとホイールバランス設定された物と較べてみてください。
二枚の動画を同時に再生して見てください。

時速39キロ前後が一番ひどいようですね。
下はホイールバランス取った物

 まったくブレないのは感動ものです。
実際の走行では路面からの振動があるので、敏感な人でないとわかりにくいかもしれません。
 しかし、まれにフレームの振動数、ライダーの振動数がシンクロすると、この振動が増長されてしまうことがあるようです。
 
 今回は、そんな異常共振=シミー現象を解消するのが目的でした。
S様のロードはダウンヒルをハイスピードで下ると異常な振動が起こり、危険な状態になります。
 店長もキャンピング装備のサイドバッグを付けて下った時、その現象を体験しました。

恐ろしいシミー現象

 ↑この画像は、手放しした時だけシミー現象が起きてます。ハンドルを握っていれば起きていない軽度なものです。
 重度になってくると、ハンドルを握っていても自転車の制御ができなくなり、かなり危険な目に合います。

 ↑ライダーの視点動画と、伴走クルマからロードが振動してるのが見える動画です。
両方ともブレがすごいですよね。
BGM鳴るので注意。

 ↑異常共振を起こして今にもコケそうなロード。走っていられないです。
あるスピードに達すると起きるのです。

 ↑異常共振するとコントロール不能になります。かなり危険です。

 

↑クルマでもシミー現象が!(><)

 S様の場合、ハブにガタは無く、リムのフレはなく、ヘッドガタもブレーキガタも無い、整備はキチンとされている状況でしたし、
また、フレームの剛性が足りないとも思えないGIANT-TCRです。
(兄弟車でクッション性を設けたGIANT-Defyでは大丈夫でした。)
 ホイールを変えたりフォークを変えたりしたけれどもダメでした。
それが2枚目の動画にあるバランスを取ったホイールにしたとたんに、シミー現象が解消されました。
バランスの取れていないホイールの回転ブレとたまたまライダー&フレームの振動数がぴったり合ってしまって、増幅されてしまったのでしょう。

 そう考えていくと、スポークにやたら反射板つけたりしたくないし、サイコンのマグネット位置もおろそかにできませんね。


追加

 異常振動は回転体だけでなく、建造物にも深刻な影響を与えます。
これは恐ろしいですね!
BGM鳴るので注意。

« ホイールバランス | トップページ | GSR ホイールバッグ(レーシング ミク Ver.) »

自転車カスタム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホイールバランス | トップページ | GSR ホイールバッグ(レーシング ミク Ver.) »