2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« GSR ホイールバッグ(レーシング ミク Ver.) | トップページ | Di2デジタルカスタマイズ・レバースイッチ役割変更 »

2018年2月16日 (金)

フロアポンプのヘッド改造 パナ・ワンタッチヘッド

P1067881
 ZENの業務用フロアポンプは3バルブ対応ヘッドがついていました。パッキンが劣化して圧が上がらなくなってきたので、この機会にヘッドそのものを交換したいと思いました。
 使ってみたかった2017登場のパナレーサーのポンプヘッド「ワンタッチ仏米式対応口金」
 ロックレバーはありません。まったく新しいシステムのロック機構。
ロックレバーが無いので、レバー操作によるフレンチバルブ先端の変形リスクがありません。
 王者ヒラメはレバー操作が激軽ですが、違った価値観で、ヒラメを脅かす存在です。
2バルブを使えるトコは凌駕しています。個人使用ではフレンチバルブ対応オンリーでいいのですが、ショップ使用では2バルブ対応は重要です。

 レバーがないので、径の小さいミニベロや極端にスポーク本数の多いクルーザー系にも対応してくれます。

P1077899 コレはロック前。このまま押し込むと

P1077900
 これは押し込んでロックしたとこ。青のティースが引っ込みゴムパッキンをロックします。反対側の赤ティースは出っ張ってオープンになります。
外すには赤を押すと青がオープンとなります。
フレンチバルブの繊細なコアを曲げにくい構造となっています。
赤い方は米式バルブ用です。

P1067882 これがオープンの状況。

P1067883 これはクローズのロック状況。アノマロカリスの口みたいです。

Pana2017w 機能的に素晴らしいのですが、大きな問題があります。
パーツ供給がほんとにヘッドのみで、ネジキャップや内部ノズルはありません。
この写真は純正ポンプのもの。パーツで注文すると上のみ。
あくまで完成品のBFP-02AGEZワンタッチポンプの補修パーツで他社ポンプには使って欲しくないと展示会で明言していました(><)
そう言われると、他社のポンプにますます使いたいのがZENです(^^)
やってやろうじゃないか~♪
(なお、「パナレーサー アルミ・ゲージ付きフロアポンプ 」のレバー式ヘッドとは互換性があります。
ちなみにトピーク・ジョーブリーズなどとは互換しません。)


☆追記 20180921
 その後に要望が多すぎたのか、ネジキャップ・ノズル~ホースが販売されるようになりました!(正確にはノズルと言うか不明だけど)
ホース内径は5mmです。ポンプ側は4mmもあるけれどバンドで締めればOKでしょう。
自分のシリカポンプもこれに改造したいと思います。
 米バルブ用には英式ヘッドを入れられるので、3バルブ対応にできます。(完成品ポンプはそのように販売されています。)
P1067885 なかなかネジ径の合うキャップは有りませんが、たまたま店のジャンクBOXに転がっていたパークツールの物が、ジャストフィットでした!
しかし、内部ノズルは分離式ではなく、一体式です(><)

P1067886 内部ノズルを切断して流用できないかチャレンジです。
まっすぐ切るためにキャップは付けておきます。

P1077887 切ってビックリ、こんなに肉厚があります。

P1077894 切断した内部ノズルはねじ山を落として、切断面をきれいに削ります。

P1077888 純正品では内部ノズルはヘッドネジの内側に収まっていましたが、改造ではネジの外側に位置します。その間にOリング。汎用OリングJIS:P-10です。

P1077895 Oリング外径はヘッドネジ外径とほぼ同じ。間にはさむだけです。こんなもので圧が逃げないのだろうか??

P1077896 合体成功! パナレーサー・パークツール・スペシャライズド(ポンプ本体~ホース)の3社1体です。

P1077897 高圧を入れても漏れることなく使えました。成功です♪
改良したポンプは90年代から使っているスペシャライズドのポンプ、フレームと同じA1アルミ製です。シリンダーの内部抵抗が少なく、ハンドルが両手でも片手でも使える名ポンプです。シリカポンプも使ってますが、それよりも使いやすいです。
 ヘッドを変えて、ますます使いやすくなりました。
レバー式ロックよりもはるかに使いやすいです。

« GSR ホイールバッグ(レーシング ミク Ver.) | トップページ | Di2デジタルカスタマイズ・レバースイッチ役割変更 »

自転車カスタム」カテゴリの記事

コメント


 どうもはじめまして。
私もこのポンプヘッドを大注目してました
が、ほんとにポンプヘッドのみの提供と
のことで諦めてました。
そこでこちらの画像ですと、
http://zenzen.way-nifty.com/blog/images/2018/02/16/pana2017w.jpg
左から、ホース、ネジキャップ、謎の部品、
ポンプヘッドと並んでいますが、今回からは
謎の部品(ホース差し込み用の部品かと思
われますが)も提供されているのでしょうか

もしそうならわたくしもこの口金を装着して
みたいと思ってますが・・・
ホースは最小と最大で何ミリから対応して
そうでしょうか?

あきさん、
言葉が足りなかったです。
「ネジキャップ~ホース」とは、その謎の部品も含めてという意味だったのです。
謎の部品はとりあえずノズルとしておきましょう。

追記の文言を以下のように改めました。
「 その後に要望が多すぎたのか、ネジキャップ・ノズル~ホースが販売されるようになりました!(正確にはノズルと言うか不明だけど)
ホース内径は5mmです。ポンプ側は4mmもあるけれどバンドで締めればOKでしょう。」

アルバムの方にシリカをコレに改造した記事があるので、ご参照ください。「!」マーククリックでコメントも読めます。
https://photos.app.goo.gl/bbBFrEaqxq1FWFvq7

なお、コレの締め付けはレバー式よりも弱い気がします。
ホースには曲がりクセがありますよね。ポンプヘッドがバルブと真っ直ぐになる位置に車輪を回してからセットするのがいいですよ。
(他のポンプもそうした方がいいけど)

ところで、謎の部品ノズルは正規品ではヘッド下部の内部に入っています。
このブログの改造では外に位置しています。当然それぞれのパッキンも。この改造でよくエア漏れしないなーと胸を撫で下ろしています。


こんばんは。
出張で返事遅れてすみませんでした。
謎の部品も含めての供給でしたなら
汎用性もグッと上がりますね!
タッギオも検討してましたが、何分
価格がネックでして、現在もワンタ
ッチヘッドにするか、エアボーンの
ZT-A15にするか検討しているところ
です。
ZT-A15にはエアリリースバルブがつ
いていて、ワンタッチヘッドにはつ
いていないからです。
 用途はフレームポンプにかませる
延長ホース用に使用する予定です。

レバー式はバルブをホイールの上付
近(12時付近の位置)に持ってこな
いと指でヘッドを押してスムーズに
外せないのがガンなため、ワンタッ
チヘッドは大注目していたわけです。

ワンタッチヘッドはどちらから買え
ばよろしいでしょうかね?

この改造でエア漏れしないのは、ZEN
樣の手腕によるものでしょうね。

少々疑問に思ったのですが、ワンタッ
チヘッドも含めて4つのパーツがあれ
ば、古いポンプヘッドを外してワンタ
ッチヘッドに付け替えるだけで済むと
思われるのですが、現物はそう簡単に
はいかないのでしょうか?
そのへんは素人なのですみません。

タッギオも良さそうですよね。
でもおっしゃるように価格が・・・(><)
このワンタッチヘッドを備えたフロアポンプよりも高価ですよね。

エアリリースバルブですか?
うーん、使うことってあるのかな~?

>>ワンタッチヘッドはどちらから買え
ばよろしいでしょうかね?

@ZENで今は在庫ありますけど(^^)
(ホース類も)

>>4つのパーツがあれ
ば、古いポンプヘッドを外してワンタ
ッチヘッドに付け替えるだけで済むと
思われるのですが、現物はそう簡単に
はいかないのでしょうか?

@差し替えるだけなので簡単ですよ。
アルバムの方に掲載してあるシリカポンプ改造はそのような改造です。
オーナー様はだいぶ気に入って、他のポンプも変えてくれとおっしゃってました。

確かにタッギオはワンタッチヘッドを備えた
フロアポンプが買えちゃいますねー(笑)

私は今までMTBだったんで、携帯ポンプで
十分間に合ってました。
といいますか、ただ単に携帯ポンプが好き
なだけなのですが、今回ロードにも手を出
してみようと思いました。

数々のロード用携帯ポンプみますと、どれ
も7,8気圧入れようとすると200回以上は
ポンピングしなければならないものばかり
で、ポンピング回数との兼ね合いでトピー
クのフレームポンプのSサイズにしてみよう
かとなったわけであります。

さすがに8気圧くらいの高圧空気をいれる
わけですから、エアボーンの空気圧計つき
口金を使ってエア圧の管理をしてみたいと
思いました。
そうなりますと狙ったエア圧よりも若干高
圧に空気を入れてエアリリースボタンで調
節がいいのかとも思いますが、実際はポ
ンピングの時に狙ったエア圧付近になった
ら慎重に空気を入れていけばエアリリース
ボタンはいらないのでしょうか?

ちなみにエアボーンの空気圧計つき口金
にグランジの延長ホース付き口金を付け
て、その先っぽに標準でついている口金を
外して現在検討している口金をつける流れ
です。

なんと!ワンタッチヘッドの在庫あるのです
ね。
おみそれしました!(笑)
北海道までですと、送料込みでおいくらになりますか?

 高圧注入はそこまで入れるのが大変で、オーバーするくらいまでポンピングすることはあまり無く、
ハアハア、まだかあ~?(><) アーやっと規定に届いた~。終了~!って感じです^^;

 なるほど、ポンプ+グランジ・アダプター+ワンタッチヘッドですか。
グランジ・アダプターから今回のようにパーツ取りしての改造はたぶん出来ないと思うので、ワンタッチヘッドのみでなく、ホースまでのキットが必要となりそうです。
 それだったらグランジ無しでも、ホース末端にフレンチバルブを突っ込めば、それがそのまま延長アダプターになるのでは?
1mと長いので適当なとこでカットして、好きな長さにできますよ。
 ってことで作ってみました。
別記事で写真を入れたので参考にしてください。

ポンプヘッド ¥1250
ホースキット ¥850
小計 ¥2100
10%オフ・消費税
小計2¥2041
送料¥360
合計 ¥2401
切断フレンチバルブのオマケ付き

やり取りはメールで
infoアットマークzenjp.com

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GSR ホイールバッグ(レーシング ミク Ver.) | トップページ | Di2デジタルカスタマイズ・レバースイッチ役割変更 »