2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« GSR ホイールバッグ(レーシング ミク Ver.) | トップページ | Di2デジタルカスタマイズ・レバースイッチ役割変更 »

2018年2月16日 (金)

フロアポンプのヘッド改造 パナ・ワンタッチヘッド

P1067881
 ZENの業務用フロアポンプは3バルブ対応ヘッドがついていました。パッキンが劣化して圧が上がらなくなってきたので、この機会にヘッドそのものを交換したいと思いました。
 使ってみたかった2017登場のパナレーサーのポンプヘッド「ワンタッチ仏米式対応口金」
 ロックレバーはありません。まったく新しいシステムのロック機構。
ロックレバーが無いので、レバー操作によるフレンチバルブ先端の変形リスクがありません。
 王者ヒラメはレバー操作が激軽ですが、違った価値観で、ヒラメを脅かす存在です。
2バルブを使えるトコは凌駕しています。個人使用ではフレンチバルブ対応オンリーでいいのですが、ショップ使用では2バルブ対応は重要です。

 レバーがないので、径の小さいミニベロや極端にスポーク本数の多いクルーザー系にも対応してくれます。

P1077899 コレはロック前。このまま押し込むと

P1077900
 これは押し込んでロックしたとこ。青のティースが引っ込みゴムパッキンをロックします。反対側の赤ティースは出っ張ってオープンになります。
外すには赤を押すと青がオープンとなります。
フレンチバルブの繊細なコアを曲げにくい構造となっています。
赤い方は米式バルブ用です。

P1067882 これがオープンの状況。

P1067883 これはクローズのロック状況。アノマロカリスの口みたいです。

Pana2017w 機能的に素晴らしいのですが、大きな問題があります。
パーツ供給がほんとにヘッドのみで、ネジキャップや内部ノズルはありません。
この写真は純正ポンプのもの。パーツで注文すると上のみ。
あくまで完成品のBFP-02AGEZワンタッチポンプの補修パーツで他社ポンプには使って欲しくないと展示会で明言していました(><)
そう言われると、他社のポンプにますます使いたいのがZENです(^^)
やってやろうじゃないか~♪
(なお、「パナレーサー アルミ・ゲージ付きフロアポンプ 」のレバー式ヘッドとは互換性があります。
ちなみにトピーク・ジョーブリーズなどとは互換しません。)


☆追記 20180921
 その後に要望が多すぎたのか、ネジキャップ~ホースが販売されるようになりました!
自分のシリカポンプもこれに改造したいと思います。
 米バルブ用には英式ヘッドを入れられるので、3バルブ対応にできます。(完成品ポンプはそのように販売されています。)
P1067885 なかなかネジ径の合うキャップは有りませんが、たまたま店のジャンクBOXに転がっていたパークツールの物が、ジャストフィットでした!
しかし、内部ノズルは分離式ではなく、一体式です(><)

P1067886 内部ノズルを切断して流用できないかチャレンジです。
まっすぐ切るためにキャップは付けておきます。

P1077887 切ってビックリ、こんなに肉厚があります。

P1077894 切断した内部ノズルはねじ山を落として、切断面をきれいに削ります。

P1077888 純正品では内部ノズルはヘッドネジの内側に収まっていましたが、改造ではネジの外側に位置します。その間にOリング。汎用OリングJIS:P-10です。

P1077895 Oリング外径はヘッドネジ外径とほぼ同じ。間にはさむだけです。こんなもので圧が逃げないのだろうか??

P1077896 合体成功! パナレーサー・パークツール・スペシャライズド(ポンプ本体~ホース)の3社1体です。

P1077897 高圧を入れても漏れることなく使えました。成功です♪
改良したポンプは90年代から使っているスペシャライズドのポンプ、フレームと同じA1アルミ製です。シリンダーの内部抵抗が少なく、ハンドルが両手でも片手でも使える名ポンプです。シリカポンプも使ってますが、それよりも使いやすいです。
 ヘッドを変えて、ますます使いやすくなりました。
レバー式ロックよりもはるかに使いやすいです。

« GSR ホイールバッグ(レーシング ミク Ver.) | トップページ | Di2デジタルカスタマイズ・レバースイッチ役割変更 »

自転車カスタム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GSR ホイールバッグ(レーシング ミク Ver.) | トップページ | Di2デジタルカスタマイズ・レバースイッチ役割変更 »