2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2018年8月 | トップページ

2018年9月

2018年9月 4日 (火)

2018全国ジュニア自転車競技大会のポスター

P9034021
今年も全国ジュニア自転車競技大会が開催されます。
ジュニア世代にとって、貴重な全国大会の一つです。
高校生以下3才以上とかなり幅広い年齢層で、20クラス分けをしています。
中でもカテゴリーAは(大人の)全日本選手権ロード参加資格獲得大会に認定されている。
 次世代を担う選手の登竜門として貴重な大会ですね。
ZENに申込書が届いています。
■20181028
■三重県四日市市
 ところでそのポスターは弱虫ペダルの登場人物が描かれたすてきな物!
「ニュージェネレーション」シリーズのキャラ達のアップです。
まるで彼らが現実の世界を走るようなポスター~♪

 ネットには過去のポスターも売られているー。
しかもけっこうなお値段(><)
「15000→7500円に値下げしました。」ったってー(><)
Ywppost2015

2018年9月 3日 (月)

シマノXTR-M9100規格と互換性

2018リリースされたシマノXTRのニューバージョンM9100シリーズは従来のXTRとはまったく異なった規格なので、互換性はありません。
そもそもリヤハブORDが142mmなので、従来の130mmフレームには装着できません。
 新シリーズに11速がありますが、はたして使う人がいるのだろうか???
・ マイクロスプライン
M9100系のカセットスプロケット(11S、12S両方共)、及びリアハブのフリーボディはすべて新しい規格のマイクロスプラインを採用し、トップスプロケット10Tを可能としました。
既存の他のフリーボディ、カセットスプロケットとは互換性がありませんのでご注意ください。
Xtr9100_3

・ M9100系11Sと他の11Sとの互換性
M9100で登場した11sは"ワイドフランジ11s"とカテゴライズされ、既存の11sと互換性がありません。
簡潔に言いますと、RD-M9000やRD-M8000のままサイレンスフリーハブを使用することが出来ません。
11sではありますが使用するチェーンはCN-M9100であり、12Sと同じとなります。
・ リアディレイラー早見
3種類ラインナップされる今回のM9100系リアディレイラーですが、それぞれ以下のような棲み分けとなります。
・RD-M9100-GS・・・1×11Sまたは1×12S対応。使用できるカセットは段数に関わらず10-45Tのみ。最軽量。
・RD-M9100-SGS・・・1×12S専用。使用できるカセットは10-45Tと10-51Tの二種類。唯一10-50T使用可。
・RD-M9120-SGS・・・唯一ダブル可。1×12S or 2×12S対応。使用できるカセットはフロントに関わらず10-45Tのみ。
・ リヤハブFH-M9125-B
FH-M9125-BはM9100系フリーハブの中で唯一11s限定となります。
これはフランジ間距離を最大限広げたことで、12Sカセットを装着した際にロースプロケットが干渉するためです。
ワイドフランジ11Sというカテゴリーの語源ともなります。
なお、マイクロスプラインのフリーボディに12Sと11Sで違いはありませんので、
12S対応のフリーハブにワイドフランジ11s用カセットを使用する場合はスペーサー無しで取り付けできます。
Xtr9100_1
・ IspecEV
ブレーキレバーとシフトレバーを組み合わせ、
クリーンな外見と広いスペースを確保するIspec。
今回登場したIspecEVはその発展形で、
より調整の幅が広がっています。
過去のIspecとは互換がなく、
IspecEV対応レバーでの組み合わせが必要です。
ブレーキシステムだけ、またはドライブトレインだけ
組付けの際は使用中のレバーにご注意ください。
Xtr9100_2

« 2018年8月 | トップページ