2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« パイオニアSGX-CA600「ゼロ校正」 | トップページ

2019年5月21日 (火)

パイオニア・サイクルコンピューターSGX-CA600との接続⼿順

P5110814


ペダリングモニターモード時の接続手順です。

1)ローラー台等を利用して、自転車を固定する。
2)[メニュー]ボタンを押す

190520pocod

3)「バイク」(1)>「ツール」>「ペダリング設定」>「モード切り替」
>「デバイス番号」左右ともチェック入れて入力します。
左右セットで購入していれば同じデバイス番号です。左右センサーに貼られています。
数字の位を「次」ボタンで選択してください。

P5110822


4)ペダリングモニターモードに切り替え、ペアリングが始まります。
センサーがスリープモードに入ってる場合はクランクセットを3回以上回転させて。
左右とも成功したら「OK」ボタンを押します。

 

 

P5110828

 

P5110829

5)マグネット校正
クランクを2秒に1回転の速度でゆっくり正回転させて、1回転ごとにカウントが1つずつ上がることを5カウントまで確認します。
確認できたら、「校正スタート」を選択します。

P5110831

P5110835


「成功」したら、>「ゼロ校正」

以上はどこかおかしくなってリセットする時か、車体に装着したペダリングモニターセンサーのマグネットの位置を変えたり、クランクを別の自転車に装着した場合には必ず行なってください。
(マグネット校正だけでも)
もしくは複数台自転車への併用設定に。
それ以外はいじりません。でもゼロ校正は頻繁に行なう方が良さそうですね。

« パイオニアSGX-CA600「ゼロ校正」 | トップページ

自転車ガジェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パイオニアSGX-CA600「ゼロ校正」 | トップページ