2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

自転車

2017年9月28日 (木)

ルイガノ LGS-GMT V のハンドル

ツーリングモデルのルイガノ LGS-GMT V といえば、バタフライハンドルを使っています。
このハンドル、ドロップのように上下のポジション変化はありませんが、前後方向へのポジションを大きく変えられるメリットがあります。
Louisga_buthandl
 ステムのクランプ位置がドロップハンドルとは逆なので、ステムの突出し寸法に注意しなくてはなりません。
 ドロップハンドルではクランプ位置が一番手前のリラックスポジション。
通常のフラットハンドルではクランプ位置がだいたいグリップポジション(バーによってはリーチがプラスだったりマイナスもありますが)。
 ところがこのバタフライハンドルでは、ブレーキレバーを装備したグリップポジションはかなり手前になってきます。
 そこと先端とでは、ドロップハンドルのリーチよりもかなり位置が離れています。
ドロップハンドルでちょうどいいステム長でも、かなり手前を握ることになりますね。
トップチューブ長との兼ね合いも考えなくてはなりませんが、ステム長との合計和がけっこう長めでも良さそうですね。